北海道の縁結びにご利益のあるパワースポットを紹介。

そもそもパワースポットって?

「パワースポットって何?行くとどうなるの?」

 

先日友人に聞かれざっくりとは説明をしたのですが、考えてみると知っているようで知らないこのパワースポット。

 

そもそもパワースポットという言葉自体が和製英語で、同じような意味を持つ言葉は英語には存在しないようです。

 

この言葉が使われたのは1990年代初めのこと。

 

その後スピリチュアルブームによって、2000年以降神社・仏閣や聖地を訪れる人が増え、パワースポットという言葉が広く知られるようになったのです。

 

昔の人々はさまざまなご利益を得るために、生活の一部として祠や神社を祀り崇めていました。

 

北海道ではアイヌの伝説などもあり、今でも残るパワースポットは昔から特別な場所であったことがほとんどです。

 

そういった意味でも人とパワースポットは昔からつながっているということが想像できますよね。

 

人間も自然の一部と考えると大地や水などからパワーを得ることはごく普通で、ライフスタイルの一部であると言えると思います。

 

続いてパワースポットと密接に関係している風水の視点から説明していきたいと思います。

 

 

 

風水とパワースポットは深く関係している

地理風水からパワースポットを研究している人によると、パワースポットとは大地のエネルギーが溢れているところであり、それらを『龍穴』と呼んでいます。

 

地理風水の考え方では地球は大きな一つの生命体であり、内部からの強いパワーが大地を押し上げています
それが盛り上がったものが地面を沿って流れた山脈。これを『龍脈』と呼んでいます。

 

『龍穴』はこのパワーの流れが溢れ出し、呼吸しているところといわれ、それゆえに神聖で神秘的な場所なのです。

 

北海道では西の羊蹄山から流れる龍脈と、東は大雪山・旭岳から龍脈が流れています。

 

昔の人には龍穴が見えていたといわれ、神社・仏閣が建っているところは龍穴である可能性が高いとのこと。

 

パワースポットに行くと、落ち着いた気持ちになれたり、張り詰めた緊張感が伝わってきたり、吸って吐く空気までもいつもと違うと感じますよね。それはこの地理風水が関係しています。

 

この地理風水、いろいろ調べてみると富士山を含んだ龍脈上に有名な神社・仏閣が並んでいたりトライアングルができたりと謎めいていておもしろいんですよ。

 

これは近畿の地図なんですけど、こういうの見るとぞわっときませんか?

 

結界?どんな意味があるのか今では知る由もないのでしょうけどね・・・

 

興味があればそちらもぜひ調べてみてくださいね。

 

彼氏が出来た!結婚できた!本気の結婚相談所を徹底比較!

 

目からウロコのアドバイスで復縁・あきらめていた出会いが!当たると評判の電話占い!

スポンサーリンク

トップ 最強恋愛成就グッズ オススメ旅行サイト 結婚相談所比較 当たる恋愛占い 目次