北海道の縁結びにご利益のあるパワースポット・来運神社を紹介。

来運神社〜知る人ぞ知る名水とパワー神社で縁結び〜

北海道斜里町。斜里といえば2005年、世界自然遺産に登録となった知床が有名です。

 

現在この知床半島には世界遺産である自然を求めて道内外、海外からも観光客が多く訪れます。

 

私も去年初めて行ってきましたが、壮大な自然に圧倒されてしまいました。その後、自分自身もいろいろ変わるきっかけが起きて知床を訪れたのは本当によかったと思っています。

 

さて、その知床から斜里の街へ向かって車で30分ほどの場所に、最近にわかに注目されている神社があるのをご存知でしょうか。

 

斜里町来運にある来運(らいうん)神社

 

この神社の由緒は不明で、御祭神も不明。

 

来運という地名ももともとはアイヌ語でライクンナイと呼ばれていたそうで、直訳すると『死者の沢』。

 

なんだか怖い名前だなと思いますが、アイヌの人たちは死者を崇める風習があるようで、もしかするとアイヌの神様を祀った祠が現在の姿になっている可能性があります。

 

その後明治32年に開墾される際、運が来るよう願いを込めて来運地区と名づけたのだそう。とても惹かれる名前ですよね。

来運神社はパワーのシャワー!恋愛運をお願いしたあとは湧き水を飲んでご利益アップ!

いざ来運神社へ。

 

先日参拝に行ってきたのですが、予想外にも記録的な大雪に見舞われてしまい写真でイメージが伝わりにくくなってしまいました。

 

ですがそこはやはり冬の北海道ですよね。雪のおかげで静寂感が増していい雰囲気。

 

来運神社は斜里市街から15分ほど、いずみの森 来運公園の中にひっそりと佇んでいます。

 

木で造られた一の鳥居をくぐって小さな橋を渡り二の鳥居へ。このあたりから神社らしいパワーが感じられてきます。

 

社殿まではちょっとした階段を登ること数分。(雪をこいで行ったのでだいぶ遠くに感じられましたが)

 

見えた社殿はとても質素なもの。ですが、この丘に着いたとたん雰囲気がガラリと変わるのを感じることができると思います。

 

自然の澄んだクリアな空気でいっぱいなんです。まったく淀みがなくて、とにかくクリア。

 

雪が覆い尽くしているためさらにその静寂感、澄んだ空気がはっきりとわかります。

 

ここ、夏に訪れると林に囲まれちょっとした異世界に入ってしまった感覚になるのだそう。

 

スピリチュアル系の人曰く、この神社はパワーがシャワーのように降り注いでいるのだとか。

 

このぴかぴかの空気の中、いろいろお願いをしてきました。こういった神社は素直にお願い事をするのがよさそうです。

 

○○さんと親密になりたい、お金持ちの人と出会いたい…など自分の気持ちに素直になってお祈りしてみてくださいね。

 

そしてこの来運神社の名が広まったきっかけでもある、湧き水。

 

来運公園は知る人ぞ知る名水の里でもあります。

 

来運の水は、斜里岳に積もった雪が数十年の歳月を経て湧き出ていると言われ、その湧出量は毎分5トンを誇っています。

 

水温は摂氏6度前後で、夏は冷たく冬は凍らない『名水・来運の水』として地元の人を中心に広く愛飲されているのです。

 

知床のホテルでもこの来運の水が置かれているようで、この名前に惹かれ訪れる観光客も増えています。

 

もちろんこのお水はいただいてくださいね、冷たくてクリアですーっと体の中に入っていきます。

 

神社のパワー斜里岳のパワー水のパワー文句なしのパワースポットです!

 

縁結びのご利益も期待できますよ。ぜひ1度行ってほしい神社です。

斜里町のパワースポット 来運神社 住所・アクセス・地図

■所在地 北海道斜里郡斜里町字来運117

 

■アクセス 斜里市街から車で15分程 いずみの森 来運公園内

 

 

彼氏が出来た!結婚できた!本気の結婚相談所を徹底比較!

 

目からウロコのアドバイスで復縁・あきらめていた出会いが!当たると評判の電話占い!

スポンサーリンク

トップ 最強恋愛成就グッズ オススメ旅行サイト 結婚相談所比較 当たる恋愛占い 目次