北海道の縁結びにご利益のあるパワースポット・神恵内厳島神社を紹介。

神恵内厳島神社〜海の神様である女神たちが祀られた神社で縁結び〜

北海道古宇郡(ふるうぐん)神恵内村(かもえないむら)にある神恵内厳島神社(かもえないいつくしまじんじゃ)

 

神恵内厳島神社

 

神恵内村は、漁業を中心に明治から発展してきた村で、アイヌ語では『美しき神秘な沢』という意味を持ちます。

 

その名の通り、積丹半島から続く海岸線は美しい海と様々な伝説をもつ奇岩が立ち並び、神秘な美しさを感じさせる自然のパワースポット。

 

そしてこの素晴らしい海を見渡せる場所に鎮座しているのが神恵内厳島神社です。

 

この神社が創建されたのは江戸時代の文禄3年(1594年)、神恵内村の開発にあたった際、保食神(うけもちのかみ)を祀った神社を創建。

 

その後漁業の発展や航海の安全を願い、厳島神社より宗像三女神、配神には播磨国海神社より大綿津見神讃岐国金毘羅宮より大国主大神を勧請しました。

 

神恵内厳島神社

 

御祭神は、
市岐島姫命(いちきしまひめのみこと)
保食神(うけもちのかみ)
大綿津見神(おおわたつみのかみ)
大国主大神(おおくにぬしおおかみ)
崇徳天皇(すとくてんのう)
稲倉魂命(うがのみたまのみこと)

 

宝暦2年(1752年)には松前藩領主より富留(古宇)総鎮守大弁財天の社号を賜り、その後松前家崇敬神社21社の格式となった由緒ある神社なのです。

 

水のパワースポットは女性を輝かせ、縁結びに最適!

神恵内村へ行くならまず絶対外せないのが海岸パワースポット散策

 

透き通った海にぽっかりと浮かんだ『窓岩』をはじめとした奇岩が並び、自然の神秘を体感できます。

 

神恵内厳島神社

 

竜神伝説から名をとった『竜神岬』から見る夕日は特に絶景で感動です。

 

水のパワースポットは女性の運気を底上げするため、恋愛運をアップさせたい人には最適

 

海を眺めて潮風を感じるだけで浄化されたような気分になるのは気のせいではありません。

 

ぜひ時間の許す限り海岸の空気を楽しんでください。

 

そんな素晴らしいロケーションの中にある神恵内厳島神社は、背後に山、そして海へ向かった気の流れ上にあり、風水パワーもバッチリ。

 

愛嬌のある狛犬に親しみを感じます。

 

神恵内厳島神社

 

神恵内厳島神社

 

この神社の御祭神は、縁結びで有名な大国主命が祀られていること、美の女神宗像三女神が祀られていることがポイント。

 

水のパワーに包まれた神社での縁結び祈願は、ご利益が2倍にも3倍にもなるような気がしてきちゃいますね。

 

神恵内厳島神社

 

札幌から日帰りで十分楽しめる神恵内村、夏場のドライブ、パワースポット巡りをしたい人にオススメ!素敵な出会いや気になる彼とステップアップしちゃうかも!?

 

神恵内厳島神社、ぜひ行ってみてください!

 

 

パワースポット 神恵内厳島神社 住所・アクセス・地図

■所在地 
北海道古宇郡神恵内村大字神恵内村81番地

 

■アクセス
岩内ターミナルより中央バス神恵内役場下車徒歩1分

 

スポンサーリンク

トップ 最強恋愛成就グッズ オススメ旅行サイト 結婚相談所比較 当たる恋愛占い 目次