北海道の縁結びにご利益のあるパワースポット・砂原稲荷神社を紹介。

砂原稲荷神社〜駒ヶ岳パワースポット・風水神社〜

北海道の南端に森町という街があります。

 

函館へ行く途中の海岸沿いにあり、すぐ南には北海道にある3つの蝦夷富士の1つ駒ケ岳

 

この山をご存知の人はなぜ駒ケ岳が蝦夷富士なのか、不思議に思うかもしれません。

 

実はこの駒ケ岳、『渡島富士』との別名を持ち、江戸時代始めまでは綺麗な富士の形をしていたのです。

 

それが繰り返される火山の噴火により山頂部分が吹き飛び、西の剣ヶ峰北の砂原岳が合わさった双子富士の形となりました。

 

そして森町の港といえば鷲ノ木

 

明治元年(1868年)、旧幕府軍・榎本武揚率いる艦隊が上陸した地。

 

その軍には新選組の副長を務めていた土方歳三の姿もありました。

 

最近アニメや漫画の影響もあって新選組はすごい人気です。

 

私も一時期新選組ファンの女性と交流をしていて、お互いの史跡巡りの写真を見せあったりしていました。

 

ここ鷲ノ木にも一人旅の女性が彼らの想いを知るべく訪れる、人気の観光スポットとなっています。

 

そんな森町ですが、利尻岳から駒ヶ岳へ向かって通る、レイラインと呼ばれるパワースポットが多く点在するといわれるライン上にとある神社があるのです。

風水パワーを持つ砂原稲荷神社 恋愛運や仕事運アップに

砂原稲荷神社(さわらいなりじんじゃ)は、建立がなんと天文5年(1536年)という北海道では古い歴史を持つ神社。

 

なんと室町時代〜戦国時代に建てられた神社なのです。

 

御祭神は名前のとおり稲荷大明神。由来は、ニシン漁のため入地した漁師が豊漁を祈願してお奉りしたことが始まりです。

 

ここは風水でいうと、駒ケ岳の一つ、砂原岳のエネルギーがダイレクトに降りてくるパワースポット

 

利尻岳からまっすぐ噴火湾を通って上陸したレイラインの通過地点に、ほぼピンポイントにこの神社が存在しているのです。

 

お参りの際はここから噴火湾や駒ケ岳を眺めて、神社へ流れてくるパワーを受け取るイメージをしてみてください。

 

小さい神社ですが風水パワーはバツグンです。なにかを変えたいときや、恋愛運アップ、仕事運アップにもぜひ利用しちゃいましょう。

 

こういう風水神社は、毎日がマンネリしているなと思ったときや、なにかを変えたいとき、気づきが欲しいとき特にオススメです。

 

私も物事がなんとなくうまくいってないなと感じたとき、そういう場所を利用してお参りすると、翌日必ずなにかきっかけが掴めたり嬉しいことが起きたりします。

 

森町の穴場パワースポット、砂原稲荷神社。ぜひお出かけしてみてくださいね。

茅部郡森町のパワースポット・砂原稲荷神社 住所・アクセス・地図

■所在地  北海道茅部郡森町字砂原4丁目33

 

■アクセス 渡島砂原駅(函館本線)より徒歩5分

 

 

彼氏が出来た!結婚できた!本気の結婚相談所を徹底比較!

 

目からウロコのアドバイスで復縁・あきらめていた出会いが!当たると評判の電話占い!

スポンサーリンク

トップ 最強恋愛成就グッズ オススメ旅行サイト 結婚相談所比較 当たる恋愛占い 目次