北海道の縁結びにご利益のあるパワースポット小林家を紹介。

小林家〜今話題の龍神様を祀った祠に縁結びのお願い〜

北海道夕張郡栗山町にある小林家は1897年(明治30年)に建築された日本家屋。
小林家

 

およそ119年もの間風雪に耐え抜いた建物は2013年まで住居として使用されていました。

 

この小林家とは、北海道を代表する酒屋、小林酒造のこと。

 

小林酒造で作られる北の錦は道内でも人気のお酒で、ほどよく辛口なのどごしが魅力です。

 

平成16年・17年と全国新酒鑑評会において、北海道産米で史上初の金賞を2年連続受賞しました。

 

この小林家、2006年(平成18年)に国の登録有形文化財に指定され、2015年からは一般公開されています。

 

今では見学できる酒蔵として人気の観光スポットになりました。

 

明治の開拓時代に酒造りを始め、当時勢いのあった夕張炭鉱に拠点を置いて、酒造りを続けてきた歴史をこの建物で知ることができるのです。
小林家

 

まだオープン1年と、観光地としてはまだ始まったばかりですが、その小林家の敷地内にある、ひそかに願いが叶うといわれている祠がパワースポットとして話題になっているのをご存知ですか?

小林家の龍神様には強力なパワーが!

場所は小林家の中庭

 

赤い小さな鳥居と赤い祠がひときわ目を引くその一角は、明治30年に小林家を建設の際に祀ったもの。
小林家

 

龍神様は農耕に結びついた神様で、雨や雷雨をもたらしてくれます。

 

これらは酒造りには欠かせないもので、龍神様に手を合わせて豊作をお祈りしてきました。

 

この祠にはエピソードがあって、小林家建築の際に土を掘ったところ、この中庭に白蛇が出現したところを初代当主が見つけたのだそう。

 

白蛇の住処を奪ってしまったことに心を痛めた初代当主は祠を作り、その祠に白蛇を祀ることにし、供養したとのこと。

 

古来より白蛇は尊い神様の化身として崇拝されてきました。このとき投手は白蛇様に『商売繁盛』を願い、長年の酒蔵の繁栄を叶えています。

 

そういったいきさつもあり、この白蛇様に願いを叶えてもらおうと見学に訪れる人たちがお参りしていくのです。
小林家

 

最近ではテレビや雑誌に取り上げられ、新しいパワースポットとして注目されています。

 

長年この土地の守り神となってきたこの神様は、縁結びや金運アップを始めさまざまな悩み・お願いを叶えてくれるでしょう

 

白蛇を祀ったというエピソードのとおり、結界のようなエネルギーに包まれ崇高な雰囲気を感じさせる祠です。

 

小林家を見学する際はスタッフが案内してくれますので電話での予約をオススメします。

 

かつて炭鉱の町として大いに栄えた夕張。その栄華に思いを馳せてぜひ歴史を、パワースポットを感じてください!

夕張郡栗山町のパワースポット 小林家 住所・アクセス・地図

■所在地 
北海道夕張郡栗山町錦3丁目109番地

 

■アクセス
北海道中央バス
「高速くりやま号」札幌〜栗山間約1時間。
夕鉄バス
「新さっぽろ駅前線」新札幌駅〜栗山間約1時間。
JRの場合
JR室蘭本線栗山駅、岩見沢〜栗山間約23分。栗山駅から約1km(徒歩約15分)

 

スポンサーリンク

トップ 最強恋愛成就グッズ オススメ旅行サイト 結婚相談所比較 当たる恋愛占い 目次