北海道の縁結びにご利益のあるパワースポット・浦幌神社を紹介。

浦幌神社(乳神神社)〜子宝安産縁結びのご利益神社〜

十勝地方の最東端にある街、浦幌町。帯広市と釧路市の中間あたりに位置しています。

 

山林が7割を占め、町の南がわの浦幌川下流部から十勝川河口にかけて平地が広がり、畑や牧場として利用されています。

 

畜産が中心で、厚内にある漁港ではサケやタコ、ホッキが漁れるグルメも豊富な街です。

 

この浦幌町に子宝・安産・縁結びのご利益があるという神社があるのです。

 

浦幌神社(乳神神社 うらほろじんじゃ ちちがみじんじゃ)は明治時代、農場開拓が進み移住者が増えてきた浦幌町(当時は浦幌村)の発展と安全、住民の心の拠り所として伊勢神宮より天照大神を勧請し祠を建立したことが始まりの神社。

 

御祭神は
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
八幡大神(やはたのおおかみ)

の2柱で、八幡大神は武運の神様です。

 

浦幌町の自然を一望できる東山の丘に鎮座しているこの神社には乳神神社という境内社があるのですが、これに伝わる話があり、浦幌神社が別名乳神神社と呼ばれる所以となっています。

乳神神社は地元の人たちの愛情が育てたご利益ある神社

この乳神神社、御祭神は乳授姫大神(ちちさずけひめのおおかみ)

 

この信仰が始まったのは大正の中頃、浦幌町瀬多来の山奥に女性の乳房に似た2つコブの付いた1本のナラの大木がありました。

 

ある日、老婆がこの木を見つけ『孫のため、母親に乳を授けて下さい。』と祈願したところ、願いが叶えられたとのこと。

 

その後災害などによりこの御神木は倒れてしまったのですが、コブの部分は残ったため社殿を建てて祀ったところ、倒れた木の辺りから新しいナラが芽吹き成長し始めたそう。

 

地元の人はこれを乳神様の二代様として大切に見守り周囲に竹垣を作って祀りました。

 

このエピソードからも力強い生命の神様、子宝・安産・縁結びにご利益があるとして地元の人たちに信仰されてきました。

 

そのほか本殿横に祀られている乳石は浦幌町厚内箱石の沢で発見された自然石で、触れると御神徳が授かるといわれ、こちらも篤く信仰されています。

 

この神社、やわらかい雰囲気でまるで母性に包まれたような気分になるのは乳神神社のパワーなのでしょうか。

 

女性らしさに磨きがかかったような気分で、縁結びや子宝にご利益がある理由がわかる気がします。

 

道内はもちろん道外からも参拝者が訪れるというこの浦幌神社、縁結びのご利益をいただきにぜひ訪れてみてください。

浦幌町のパワースポット 浦幌神社(乳神神社) 住所・アクセス・地図

■所在地 北海道十勝郡浦幌町字東山町18番地の1

 

■アクセス 浦幌駅から徒歩12分(浦幌駅までは札幌から特急で3時間)

 

 

彼氏が出来た!結婚できた!本気の結婚相談所を徹底比較!

 

目からウロコのアドバイスで復縁・あきらめていた出会いが!当たると評判の電話占い!

スポンサーリンク

トップ 最強恋愛成就グッズ オススメ旅行サイト 結婚相談所比較 当たる恋愛占い 目次