北海道の縁結びにご利益のあるパワースポット・縁結びの石を紹介。

縁結びの石〜引き寄せられた奇跡の石で縁結びのご利益・出会い運アップ〜

北海道苫小牧市からちょうど東、平取町(びらとりちょう)は北海道日高地方の西部に位置し、町の中央部を日高山脈から沙流川が流れています。

 

旭岳から西へ流れる龍脈が途中で南下し、夕張山地を経て日高山脈へと合流する龍脈沿いにあたるこの町。

 

北海道のなかでも積雪が少なく温暖な気候で、昔からアイヌ民族が多く住んでいる場所であり、平取町二風谷もそのうちのひとつ。

 

アイヌの人々が大切にしてきた聖地です。町内にはアイヌに関する資料館がいくつも点在し、彼らの文化や歴史を感じることができます。

 

そのうちの1つ、『二風谷アイヌ資料館(にぶたにアイヌしりょうかん)』の外にある、チセの手前辺りに置かれているのが『縁結び石』。

 

縁結び夫婦石とも呼ばれ、沙流側で10キロ以上も離れた別々の場所で発見された二つの巨石は出会い運・恋愛運アップに効果的なパワースポット

神秘的な縁結びの石、源義経伝説とオキクルミカムイ

森の中に、静かにたたずむ巨石。向き合う2つの石は、一度は離ればなれになりながらもまた出会うことのできた奇跡の石

 

向かって右側の石は1975年沙流川上流の幸太郎沢で発見され、左側の石は次の年、更に10キロ上流で発見されました。

 

割れた面を合わせると凸凹から横縞までぴったり合致していて、自然の持つ神秘的な雰囲気を放っています。

 

なんらかの見えない力によってまた引き合うことができた二つの石が持つ力は、この石に触れた人々にもそれを分け与えると言われているまさに出会いの石縁結びの石として評判です。

 

石に近づいてみると、周囲はピンと張り詰めた空気の中にゆっくりと漂う波動のようなものを感じることができると思います。

 

目や耳、空気を吸い込んだり手のひらで石に触れて全身を使うイメージで自然のパワーを感じ取ってみてください。

 

磁石のプラスとマイナスのような引力が働いているといわれる石と石の間の部分は魂で結ばれたような力があるそう

 

手でそのパワーを感じながら大切な人との幸せを願ったり、素敵な出会いを引き寄せるお願いをしてみてください。

 

先住民族アイヌの聖地があなたの願いを後押ししてくれ、自分を見つめ直すことのできるまさに恋愛運アップに効果的なパワースポットです。

 

この平取町にはアイヌ民族の始祖や奥州平泉から逃げてきたという源義経にに関する伝説があり、義経神社のあるハヨピラ(武装した崖の意)と呼ばれるところはアイヌの文化神オキクルミカムイが降臨した土地と伝えられていました。

 

オキクルミカムイは家造りや織物,狩猟法など様々な知恵をアイヌに授け、アイヌ民族の生活の起源を拓いたとされる神です。

 

そこに義経伝説を合わせて和人がアイヌを鎮める政策として、オキクルミカムイと義経を同一視し崇めるようになったと言われています。

 

明治11年に平取を訪ねたイザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読むと、当時のアイヌは、義経を自分たちの民族の偉大な英雄として祀っていたことがわかります。

 

古代遺跡や伝説と宇宙人の存在は何らかの関係があるということで現代でもいろいろと憶測がありますが、とあるUFO研究団体は、各地の民族伝承を調査する中でアイヌの文化神オキクルミカムイの伝説に着目し、様々な検証からオキクルミカムイは宇宙人であると結論づけたとのこと。

 

オキクルミカムイが降臨したと言われるハヨピラにはハヨピラ自然公園があり、三日月の形をした舟に乗りUFOを指差しているオキクルミカムイが描かれたオベリクスがあります。

 

そんな神秘的な伝説がいくつも存在する平取町。ぜひ1度訪れてみてください。

平取町のパワースポット・縁結びの石 住所・アクセス・地図

■所在地 北海道沙流郡平取町二風谷79

 

■アクセス JR日高線富川駅から道南バス振内・日高方面乗車、「資料館前」下車、徒歩3分
       [都市間バス等利用の場合] 札幌から道南バス高速「ひだか」号乗車、「資料館前」下車、徒歩3分                                   車アクセス 札幌から国道36号線または道央道・日高道「日高富川IC」下車、国道237号線を平取まで、平取町役場から車で10分

 

 

彼氏が出来た!結婚できた!本気の結婚相談所を徹底比較!

 

目からウロコのアドバイスで復縁・あきらめていた出会いが!当たると評判の電話占い!

 

スポンサーリンク

トップ 最強恋愛成就グッズ オススメ旅行サイト 結婚相談所比較 当たる恋愛占い 目次